Handball in Sports 
―日本ハンドボールの可能性に期待を寄せて―

講師

酒巻 清治(元ハンドボール男子日本代表監督、株式会社HAND UP・代表取締役) 

ファシリテーター

東海林 祐子(慶應義塾大学・准教授) 

セミナー概要

 長年,日本国内におけるトップレベルカテゴリーの選手とチームを対象に指導者として活動していた経験から①日本人選手飛躍の可能性(競技力&育成強化システム),②日本スポーツ界の中のハンドボール競技への期待,③弊社「HAND UP」設立と取組についての話題を提供する.

 昨夏行われた東京2020はじめ数々の国際大会において,多くの日本人選手が可能性を示している.試合中の各局面における個のパフォーマンスにおいて常時ではないものの,世界のトップクラスと互角に戦う,もしくはそれ以上の競技力を有していることが示されてきた.発掘・育成・活用のシステムも奏功している.しかし,それらが代表チームとして「国力」の評価には繋っていないのが現状である.他国の代表チームの強化との「違い」や以前から取り組まれてきた現在も進行中の「育成強化システム」の必要性からみる重要なポイントについて所感を述べ,フロアと議論させて頂きたい.

 次に,10年間JOCの指導者養成事業のワーキングメンバーとして活動してきた中で,他の競技団体とJHAとの「違い」を提示し,ハンド界の指導者養成のあり方と現在の取り組みから見る将来像を模索してみたい.最後に上記①②の内容を受け,弊社「HANDUP」の立ち上げから現在&将来の取り組みについて紹介する.特に②については,JSPOの指導者ライセンス制度に合わせてJHA専門科目に触れられはじめた「Integrity」や体罰・ハラスメント撲滅のためのスポーツマンシップ実践など,ハンドボールとスポーツの「必要性」について弊社の活動内容にも併せてお伝えできれば幸いである.

お気軽にお問い合わせください。Mail Form Only受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ